読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も知らなかった30からのボディケア

暇人な主婦がちょこちょこと書きためた美肌の情報を毎日書き出しています。

本日も暇なのできれいな肌を保つ方法の事を調べてみました。

私が検索で集めていた情報ですが「化粧水というものにとって大切な働きは、水分を吸収させること以上に、もともとの肌本来の凄い力がうまく働けるように、肌の健康状態をチューニングすることです。」と、いう人が多いみたいです。

今日文献で集めていた情報ですが、「本音を言えば、ヒアルロン酸で美肌効果を実感したいなら、1日に最低200mg体の中に取り入れることがお勧めなのですが、ヒアルロン酸を含有する食品や食材は非常にわずかで、通常の食事から身体に取り込むのは難しいことだと思います。」のように提言されている模様です。

私がサーチエンジンでみてみた情報では、「コラーゲンという生体化合物は、アンチエイジングと健康を保つためになくてはならないとても重要な栄養素です。からだのためにとても大切なコラーゲンは、老化などで新陳代謝が遅くなるとたっぷり補給しなければなりません。」のように提言されている模様です。

なんとなく色々集めていた情報ですが、「セラミドは肌の角層において、角質細胞の間でスポンジみたいに水分&油分をギュッと抱きこんで存在する脂質の一種です。肌だけでなく毛髪を瑞々しく保つためになくてはならない働きをするのです。」だと解釈されているそうです。

逆に私は「天然の保湿成分であるヒアルロン酸は細胞と細胞の間の組織に多く含まれていて健康でつややかな美肌のため、保水力の保持であるとかまるで吸収剤のような役割を持って、大切な細胞をガードしています。」な、解釈されているそうです。

ところが私は「細胞分裂を活性化させる因子を持つプラセンタは休む間もなく若くて元気な細胞を速やかに作り出すように仕向ける作用があり、全身の内側から組織の隅々まで個々の細胞からダメージを受けた肌や身体の若々しさを取り戻しれくれます。」だと結論されていようです。

それはそうと最近は。プラセンタを取り入れるようになって代謝が改善されたり、肌の具合がいい感じになったり、以前より朝の目覚めが爽やかだったりと確かな効果を実感しましたが、副作用等の弊害は全くと言っていいほどなかったと思います。」な、結論されていとの事です。

今日検索で集めていた情報ですが、「よく聞くプラセンタという言葉は英語でPlacentaと綴り胎盤を指します。基礎化粧品や健康食品・サプリメントでたびたびプラセンタ添加など目にすることがありますが、これ自体臓器としての胎盤のことを指すわけではありませんので不安に思う必要はありません。」のように公表されている模様です。

素人ですが、書物で集めていた情報ですが、「最近よく聞くプラセンタとは英訳で胎盤を指すものです。化粧品や健康食品・サプリでたびたびプラセンタをたっぷり配合など目にしますが、このプラセンタとは胎盤という臓器そのもののことを表すわけではないから不安に感じる必要はありません。」と、いう人が多いとの事です。

今日サイトで集めていた情報ですが、「全身のヒアルロン酸の量は乳児の頃がピークで、30代から急激に減少速度が加速し始め、40歳を過ぎると赤ちゃんの時期と対比すると、約50%ほどに激減し、60歳の頃には相当の量が失われてしまいます。」な、提言されているみたいです。