読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も知らなかった30からのボディケア

暇人な主婦がちょこちょこと書きためた美肌の情報を毎日書き出しています。

?毎日ですが、ピン!としたハリ肌を作るケアについての考えを綴ってみる

それで、中でも特に水分不足になった肌でお悩みの方は、全身の隅々にまでコラーゲンが十二分にあれば、必要な水分が閉じ込めておけますから、ドライ肌への対応策にもなり得るのです。」な、結論されていようです。

私が文献で探した限りですが、「セラミドは皮膚の角質層において、細胞間にできた隙間でスポンジみたいに水分と油を抱えて存在します。皮膚や髪の水分保持に必要不可欠な作用をしています。」だと解釈されているようです。

素人ですが、検索で集めていた情報ですが、「プラセンタを飲み始めて代謝が高まったり、以前より肌の調子がいい感じになったり、朝の寝起きが好転したりと効くことを実感しましたが、副作用等の弊害はほとんどないと思いました。」だと考えられている模様です。

さて、私は「プラセンタという単語は英語で哺乳類が持つ胎盤を示します。化粧品や健康補助食品などでしょっちゅうプラセンタを贅沢に含有など目に触れることがありますが、これ自体器官としての胎盤のことをいう訳ではないのでご安心ください。」のように解釈されているみたいです。

本日検索で調べた限りでは、「乳液やクリームのような油分を使わず化粧水のみ使う方もたくさんいると言われますが、そのやり方は現実問題として致命的な誤りなのです。保湿をしっかり行わないがために反対に皮脂の分泌が多くなったりニキビが発生したりするケースが多いのです。」だといわれているそうです。

このようなわけで、コラーゲンという生体化合物はタンパク質の一種であって、グリシンなどのアミノ酸が化合して組成されている化合物のことです。人の体内の全タンパク質のうちおよそ3分の1がこのコラーゲンで作られています。」だと解釈されているみたいです。

ともあれ今日は「コラーゲンというものは実はタンパク質の一種で、グリシンプロリン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸が繊維状に結合して形成されているもののことです。身体を構成する全てのタンパク質のおよそ30%超がこのコラーゲンによって占められているのです。」のように考えられているとの事です。

なんとなくサイトで探した限りですが、「細胞増殖因子と呼ばれる有効成分を含むプラセンタは常に新しい細胞を生み出すように働きかける力を持ち、体の奥から組織の隅々まで行き渡って細胞レベルで衰えてきた肌や身体を若々しくしてくれるのです。」と、いう人が多いそうです。

私がネットでみてみた情報では、「身体の中のコラーゲンは伸縮性に富む繊維状のタンパク質で細胞を密に接着する作用をして、水分保有力の高いヒアルロン酸は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分量が不十分になることを阻止する機能を果たします。」な、解釈されているみたいです。

その結果、 肌が持つ防御機能によって潤いを残しておこうと肌は常に頑張っているのですが、その優秀な作用は年齢とともに衰えていくので、スキンケアを利用した保湿によって届かなくなった分を追加してあげることがとても重要です。」のように提言されているそうです。