読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も知らなかった30からのボディケア

暇人な主婦がちょこちょこと書きためた美肌の情報を毎日書き出しています。

今日も取りとめもなくつやつや素肌を保つケアの事を綴ってみる。

素人ですが、サイトでみてみた情報では、「プラセンタという言葉は英語で哺乳類が持つ胎盤を表すものです。化粧品や健康食品・サプリメントでしょっちゅう今話題のプラセンタ配合目に入ることがありますが、このプラセンタとは胎盤という器官そのもののことを指すわけではないので不安に思う必要はありません。」だと解釈されているようです。

だから、若さあふれる健やかな状態の肌にはセラミドが十分に含まれていて、肌も瑞々しさに溢れしっとりつややかです。しかし残念なことに、歳を重ねる度にセラミドの含有量は減少します。」だといわれているらしいです。

素人ですが、ネットで集めていた情報ですが、「多くの市場に出回っている化粧水や乳液などの基礎化粧品や健康補助食品に添加されているプラセンタは馬や豚の胎盤を原料としたものが主流になっています。気になる安全性の面から他の動物を原料としたものと比較して、馬や豚が原料になっているものが現在のところ一番信頼して手に取れます。」だと考えられているらしいです。

むしろ私は「美白のためのお手入れを行っていると、何となく保湿が一番だということを忘れてしまったりするのですが、保湿に関してもとことん実践しないと目標とするほどの効き目は実現しなかったというようなこともあるのです。」だと考えられているとの事です。

それはそうと「女の人は普通毎日のお手入れの時に化粧水をどんなスタイルで肌につけているのでしょうか?「手で肌に浸みこませる」と発言した方が圧倒的に多いという調査結果が得られ、コットンを使うとの回答は予想以上に少ないことがわかりました。」のようにいわれているとの事です。

ちなみに私は「コラーゲンを含有するタンパク質系の食品をどんどん摂取し、その働きによって、細胞や組織が密接につながって、水分を守れたら、つややかで弾力のあるいわゆる美的肌が作れるのではないでしょうか。」のように解釈されているようです。

ところが私は「まず一番に美容液は保湿する機能がしっかりとあることがかなり重要なので、保湿剤として働く成分がどれくらいの比率で含有されているか確認することをお勧めします。中には保湿のみに専念している製品も市販されているのです。」な、結論されていようです。

それゆえに、満足いく保湿で肌の様子を良好にすることで、紫外線の吸収を最小限に抑え、乾燥が引き起こす憂鬱な肌問題や、その上ニキビができたところに残った跡が色素沈着を起こしてシミになる危険性を未然防止することも可能になるのです。」な、考えられているとの事です。

本日サーチエンジンで調べた限りでは、「美容液というものは肌のずっと奥にまで届いて、肌を根本的な部分より活性化してくれる栄養剤の働きをします。美容液の究極の働きは、一般的な化粧品ではめったに到達しない肌の「真皮」の層にまで必要とされる栄養成分をきちんと運ぶことです。」のように考えられているらしいです。

素人ですが、サーチエンジンでみてみた情報では、「保水力の高いヒアルロン酸はコラーゲン&エラスチンによって構成された網目状の骨組みの間を埋めるように分布して、水分を抱える機能によりみずみずしく潤いに満ちたハリのある健康的な美肌へ導くのです。」な、提言されているとの事です。